新型コロナウイルス感染症について

どうやって感染するの?

【飛沫感染】
現時点では、飛沫感染(ひまつかんせん)と接触感染の2つが考えられます。

1.飛沫感染

感染者の飛沫(くしゃみ、咳(せき)、つば など)と一緒にウイルスが放出され、他者がそのウイルスを口や鼻から吸い込んで感染します。

※感染を注意すべき場面:屋内などで、お互いの距離が十分に確保できない状況で一定時間を過ごすとき

2.接触感染

感染者がくしゃみや咳を手で押さえた後、自らの手で周りの物に触れると感染者のウイルスが付きます。未感染者がその部分に接触すると感染者のウイルスが未感染者の手に付着し、感染者に直接接触しなくても感染します。

※感染場所の例:電車やバスのつり革、ドアノブ、エスカレーターの手すり、スイッチなど

コロナウイルスとは

発熱や上気道症状を引き起こすウイルスで、人に感染を起こすものは6 種類あることが分かっています。そのうち、中東呼吸器症候群(MERS)や 重症急性呼吸器症候群(SARS)などの、重症化傾向のある疾患の原因ウイ ルスも含まれています。それ以外の4種類のウイルスは、一般の風邪の原因の 10~15%(流行期は 35%)を占めます。

潜伏期間

世界保健機関(WHO)のQ&Aによれば、現時点の潜伏期間は1-12.5日(多くは5-6日)とされており、また、他のコロナウイルスの情報などから、感染者は14日間の健康状態の観察が推奨されています。

感染対策

一般的な衛生対策として、咳エチケットや手洗い、アルコール消毒などを行ないましょう。
手など皮膚の消毒を行う場合には、消毒用アルコール(70%)を、物の表面の消毒には次亜塩素酸ナトリウム(0.1%)が有効であることが分かっています。

一人ひとりができる新型コロナウイルス感染症対策は?

■新型コロナウイルスに感染しないようにするために

まずは、一般的な感染症対策や健康管理を心がけてください。
具体的には、石けんによる手洗いや手指消毒用アルコールによる消毒などを行い、できる限り混雑した場所を避けてください。また、十分な睡眠をとっていただくことも重要です。
また、人込みの多い場所は避けてください。屋内でお互いの距離が十分に確保できない状況で一定時間を過ごすときはご注意下さい。

1.手洗い

 ドアノブや電車のつり革など様々なものに触れることにより、自分の手にもウイルスが付着している可能性があります。外出先からの帰宅時や調理の前後、食事前などこまめに手を洗います。

2.普段の健康管理

 普段から、十分な睡眠とバランスのよい食事を心がけ、免疫力を高めておきます。

3.適度な湿度を保つ

 空気が乾燥すると、のどの粘膜の防御機能が低下します。乾燥しやすい室内では加湿器などを使って、適切な湿度(50~60%)を保ちます。

■ほかの人にうつさないために

<咳エチケット>
 咳エチケットとは、感染症を他者に感染させないために、咳・くしゃみをする際、マスクやティッシュ・ハンカチ、袖、肘の内側などを使って、口や鼻をおさえることです。
 対面で人と人との距離が近い接触(互いに手を伸ばしたら届く距離でおよそ2mとされています)が、一定時間以上、多くの人々との間で交わされる環境は、リスクが高いです。感染しやすい環境に行くことを避け、手洗い、咳エチケットを徹底しましょう。

新型コロナウイルス感染症が疑われる症状

発熱などのかぜ症状がある場合は、仕事や学校を休んでいただき、外出やイベントなどへの参加は控えてください。休んでいただくことはご本人のためにもなりますし、感染拡大の防止にもつながる大切な行動です。

 咳などの症状がある方は、咳やくしゃみを手でおさえると、その手で触ったドアノブなど周囲のものにウイルスが付着し、ドアノブなどを介して他者に病気をうつす可能性がありますので、咳エチケットを行ってください。

 発熱などのかぜ症状について、現時点では新型コロナウイルス感染症以外の病気による場合が圧倒的に多い状況です。風邪やインフルエンザ等の心配があるときには、これまでと同様に、かかりつけ医等にご相談ください。

風邪の症状や37.5度以上の発熱が4日以上続く場合(解熱剤を飲み続けなければならないときを含みます)
強いだるさ(倦怠感(けんたいかん))や息苦しさ(呼吸困難)がある場合 高齢者をはじめ、基礎疾患(糖尿病、心不全、呼吸器疾患(慢性閉塞性肺疾患など))がある方や透析を受けている方、免疫抑制剤や抗がん剤などを用いている方
風邪の症状や37.5度以上の発熱が2日程度続く場合 ・ 強いだるさ(倦怠感)や息苦しさ(呼吸困難)がある場合。

インフルエンザに感染したかな?と思ったら

インフルエンザと風邪との違い

インフルエンザ(流行性感冒)と風邪(普通感冒)は異なるものですが、初期症状では区別がつきにくいものです。

インフルエンザはインフルエンザウイルスによって引き起こされる疾患で、A型・B型は感染力が強く、大きな流行を起こします。典型的なインフルエンザは、ウイルスの感染を受けてから1~3日間の短い潜伏期を経て、38℃以上の高熱や頭痛、筋肉痛、関節痛、全身の倦怠感などの症状が突然あらわれ、この後、咳、鼻汁などの上気道炎症状が続き、約1週間で軽快します。
患者からの感染性は、発症の1日前からあり、24時間~48時間がもっとも高く、その後は急に低下します(全体で5日~10日間)。ただ小児の場合はもう少し長くなるようです。

一方、風邪の原因ウイルスは特定のものではなく、約10種ほどのウイルス(型によって分類すると200~300種類)によるものです。それぞれ症状に違いはあるものの、一般的に症状は鼻水など軽いもので、ウイルスの感染力も強くありません。

インフルエンザの予防方法

1.手指衛生

インフルエンザ感染対策の基本は「手洗い」です。
インフルエンザウイルスに感染する要因の多くは、手に付着したウイルスが物品に付着し、そこからまた手を介して鼻や口、目から体内に入ることです。
インフルエンザウイルスは手洗い石けん液やアルコール手指消毒剤を正しく使用することで、手に付着したウイルスを洗い流す、または不活化(感染力を失わせる)ことが容易とされています。

2.うがい

うがいは、繊毛運動のようなのど本来が持つ防御機能を高めるとともに、物理的な洗浄効果や、さらにうがい薬を使えば殺菌作用によって口腔やのどを清潔にします。その結果「口腔」を介する感染対策の抑制が期待できます。

3.マスク

咳やくしゃみの際に、病原体を含むしぶき(飛沫)を他のヒトにうつさないようにする対策です。たとえばインフルエンザにかかった人がくしゃみをすると、モノを介して伝播することも考えられます。マスクを着用することで、飛沫が拡散することを抑えられるため、症状のある従業員には着用を徹底させます。

4.予防接種(インフルエンザワクチン)

インフルエンザワクチンを接種することで、感染を100%防ぐことは出来ませんが、他の一般的なワクチン(麻疹・風疹など)同様、予防効果と、重症化を抑えることが期待できます。インフルエンザワクチンの場合、成人健常者では70%~90%の確率で発症予防効果の報告があることから、従業員に対して予防接種を推奨することは、社内の感染率を抑える効果があると言えるでしょう。

花粉症について

花粉症とは、鼻腔内に入ってきたスギ等の植物の花粉に対する免疫反応によって鼻水等の症状が引き起こされることをいい、季節性アレルギー性鼻炎とも呼ばれます。メカニズムとしては、アレルゲンが鼻腔内の粘膜に付着すると、体内に抗体が作られマスト細胞という細胞に結合します。その後再びアレルゲンが侵入すると、マスト細胞からアレルギー誘発物質が放出されることにより鼻水等のアレルギー反応が引き起こされます。

また、花粉症の他にダニなどのアレルゲンによって引き起こされる鼻炎は通年性アレルギー性鼻炎と呼ばれます。最近では花粉症と通年性アレルギー性鼻炎の併発や、複数の花粉に反応する花粉症など、ほぼ一年中症状に悩まされるという人も少なくありません。花粉症は、透明のさらっとした鼻水、鼻づまり、発作的で連発するくしゃみ、目のかゆみなどが主な症状です。症状が重くなると、皮膚のかゆみや頭痛、だるさ、不眠などを引き起こすこともあります。

花粉症の原因

鼻水、鼻づまり、くしゃみは、空気中を浮遊している花粉が鼻粘膜に付着
しそれを取り除こうとして起こるアレルギー反応です。

花粉症は、透明のさらっとした鼻水、鼻づまり、発作的で連発するくしゃみ、目のかゆみなどが主な症状です。症状が重くなると、皮膚のかゆみや頭痛、だるさ、不眠などを引き起こすこともあります。

花粉症の症状

鼻水

風邪などによっておこるやや粘性が高く黄・黄緑がかった鼻水とは違い、花粉症の鼻水は「水のような」粘り気がなくサラサラした透明のものが止まらずに出てきます。

鼻づまり

鼻粘膜が腫れて鼻からのどへの通り道が狭くなることによって、鼻づまりがおこります。
口で呼吸をしがちになりますので、口の渇き、咳といった症状がでたり、においを感じにくいため食べ物の味が分かりづらくなったりします。

くしゃみ

「くしゃみ」は、鼻の粘膜についた花粉を取り除こうとして起こる症状です。
花粉症のくしゃみは、風邪やインフルエンザの際のくしゃみより回数も多く、ほとんどの花粉症の人が悩まされる症状です。

その他にも症状が重い方は、皮膚のかゆみ、頭痛、倦怠感や寝つきにくいといった症状が伴うこともあります。

花粉症の予防対策方法

食生活

アレルギーの症状を軽くするためには、規則正しい食生活が重要です。
暴飲暴食は避け、お酒やお菓子は控え目にして体に負担をかけないようにしましょう。体に優しいお茶や野菜をたくさんとり、栄養バランスのいい食事を心がけましょう。市販薬と併用しながら、自分に合った食品を選びたいですね。

原因となる花粉をできるかぎり除去

花粉をできるだけ除去するためには、まずマスク・めがねの装着です。外出の際には花粉がつきにくい衣類を着用し、帰宅した時には玄関先で室内に花粉が入らぬように払い落とすようにします。

また洗濯物や布団を天気の良い日に干すと、花粉が衣類に付着して家の中に入ってしまいます。できれば室内で乾燥するのが良いでしょう。室内に入ってしまった花粉は床に落下しますので、掃除の時にぬれ雑巾で床をふき取るのが効果的です。

正しいマスクの付け方
花粉症予防の為にマスクを付ける際、間違った付け方をしてしまうと効果が得られません。鼻と口をしっかり覆い、隙間ができないようにすることが大切です。

また、花粉症の場合のマスクは密度が濃いものの方が防げるので、立体マスクの使用もオススメです。

【マスク装着のポイント】
鼻と口の両方を確実に覆うこと
ワイヤーを鼻の形に合わせ、鼻の部分に隙間ができないようにすること
頬の部分に隙間ができないように顎までしっかり覆うこと

できるだけ早期の治療を

【薬による治療】
薬物療法が中心になりますが、色々なアレルギー治療薬が開発されており、内服薬・点鼻薬・点眼薬などを中心に使用します。症状が出現すれば早めに治療を開始することが重要です。花粉症の症状が重症化してから治療を始めると、なかなか薬が効かないことがあるからです。

原因となる花粉が飛散するシーズンは治療を継続することが必要です。また、花粉が飛散する前(症状のない時期)から薬を内服することにより、花粉症の発症を抑えることが可能な場合もあります。

風邪について

風邪の原因は?

風邪は季節の変わり目である春と秋に流行しやすいと思う方も多いかもしれませんが、梅雨の時期から夏にかけても、いわゆる“夏風邪”を引いてしまうことがあるので1年中注意が必要です。

そもそも風邪とはどのような病気なのでしょう。日常的に「風邪」「風邪症候群」「感冒」といわれるものは、「急性気道感染症(急性上気道炎、急性気管支炎を含む)」です。急性上気道炎は主に、くしゃみ、鼻水、鼻づまりといった症状があり、急性気管支炎は、咳や痰を強く訴えることが多く、どちらもウイルスが原因です。

「風邪」を予防するポイント

風邪は予防が大切!自分自身の免疫力を上げ、ウイルスの侵入に備えることを考えましょう。そのために、まずは生活習慣を整えください。
食事、休養そして運動が健康の基本です。

手洗い せっけんでウイルスや菌を洗い流す・洗ったあとは清潔な布、ペーパータオルなどで拭いてよく乾かす!
うがい 口やのどを洗浄・タンなどを除去しやすくする・自浄作用の促進
水分補給 体内の水分バランスを整える・水分不足を補う
栄養 バランスの取れた食事を摂る
睡眠
リラックス
保温
保湿

1.外出時にはマスクを着用する。
2.人込みや繁華街への外出を控える。
3.室内では適度な湿度を保つ。
4.うがい、手洗いの励行。
正しい手洗いの方法
流水でよく手を濡らした後、石鹸をつけて、
(1)手のひら → (2)手の甲 → (3)指先・爪の間 → (4)指の間
の順にこすり洗いします。
親指はねじるようにして洗い、手首も忘れずに洗いましょう。
その後、石鹸を流水でよく洗い流し、清潔なタオルやペーパータオルでよく拭き取ります。
5.十分な休養、バランスの良い食事を心がける。
6.カラダを冷やさない。
7.免疫力を高める食品も活用しよう。

子どものかかりやすい病気

耳あか、手足口病、溶連菌感染症、アデノウイルス感染症、浸出性中耳炎(滲出性中耳炎)、ヘルパンギーナ、マイコプラズマ肺炎、インフルエンザ、おたふくかぜ、RSウイルス感染症、風邪

のどが痛くなるこどもの病気

お子さんが「のどが痛い」という時、その大部分はウイルスや細菌に感染して“のど”に炎症を起こしている状態です。その多くはウイルスによりますが、細菌では怖い続発症(合併症:リウマチ熱、急性糸球体腎炎など)を引き起こす溶連菌が重要で、この細菌による感染症(溶連菌感染症)はこどもに多い疾患です。

溶連菌感染症ってどんな病気?

溶連菌とは、正式には溶血性連鎖球菌と呼ばれる細菌で、α溶血とβ溶血を呈する2種類があり、後者でヒトに病原性を有するものは、A群、B群、C群、G群などです。溶連菌感染症の90%以上がA群によるものです。したがって、一般にはA群溶血性連鎖球菌(A群β溶血性連鎖球菌)による感染症を溶連菌感染症として理解されているといってもよいでしょう。主に“のど”に感染して、咽頭炎や扁桃炎、それに小さく紅い発疹を伴う猩紅熱といった病気を引き起こします。

“のど”に感染する病原体
“のど(咽頭・扁桃)”に感染する病原体は、いろいろなウイルスや細菌があります。細菌では溶連菌が代表的ですが、ほかに肺炎球菌やインフルエンザ菌(インフルエンザとは関係ありません)といったものがあります。

溶連菌が起こす病気
粘膜
咽頭炎、扁桃炎、猩紅熱、中耳炎、副鼻腔炎など
皮膚・軟部組織
伝染性膿痂疹、蜂窩織炎、丹毒など
その他
肺炎、菌血症、トキシックショック症候群など

溶連菌感染症の症状は?

症状の代表的なものは、発熱(38〜39℃)と“のど”の痛みです。しかし、3歳未満ではあまり熱があがらないと言われています。そして、体や手足に小さくて紅い発疹が出たり、舌にイチゴのようなツブツブができたりします(イチゴ舌)。そのほかに頭痛、腹痛、首すじのリンパ節の腫れもみられます。急性期を過ぎますと、発疹のあとには落屑(皮むけ)が認められるようになります。風邪と違って咳や鼻水が出ないというのもこの病気の特徴です。この病気には潜伏期間があり、実際に感染してからだいたい2〜5日で症状がでます。

ロタウイルス性下痢症(乳幼児嘔吐下痢症)

灰色から白っぽい粘土のような下痢のうんちと、激しい嘔吐が特徴です。

2~3日の潜伏期間の後、激しい嘔吐(1日5から6回)と、激しい下痢が起こります。
また、高い熱がでることがあったり、下痢をせず、吐き気だけ…という場合もあります。
熱は多くの場合半日で平熱となります。
下痢の症状は通常3~8日続きますが、乳幼児では1週間以上長引くことがあります。

激しい嘔吐や下痢に発熱も加わることで、急に身体の水分が少なくなってしまいます。 特に小さいお子さんは、脱水症状に気をつけましょう。
脱水症状を見分けるポイントは次の4つです。

唇が乾いて、かさかさしている。
おしっこの量や回数が減る。
顔色が悪く、泣き声が弱々しくなり、ぐったりしてくる。
呼吸が苦しそう。
赤ちゃんにこのような様子が見られたら、できるだけ早く受診してください。

治療法
ロタウイルスなどに直接効くお薬がないので、熱や頭痛、下痢などの症状を和らげる対症治療をして、病気が治るのを待ちます。

風疹(ふうしん)・三日はしか

ウイルス性の疾患で、38度くらいの熱と発疹が出ます。耳の後ろから首筋にかけてリンパ節が腫れてくるのが特徴で、痛みを伴います。3〜5日で発疹は消え、熱も下がります。三日はしかと呼ばれる理由です。発疹の痕はほとんどきれいに消えてくれます。やはり流行性の感染症なため、春頃に拡がる傾向が強い疾患です。

アレルギー性鼻炎

花粉の飛ぶ季節です。またダニなども活発に動き始めるため、ハウスダストの飛散する量も増えます。主な症状はくしゃみと鼻水です。皮膚炎になったりもします。鼻炎が悪化すると副鼻腔内に鼻汁がたまり、それが原因で中耳炎や髄膜炎などの感染症を引き起こしたりします。

根本的な治療は、時間をかけてアレルギーへの抗体をつくっていくことです。根気のいる治療ですが、抗ヒスタミン剤の内服で症状を抑えたり、ネブライザー吸入で鼻管の通りをよくするといった対症療法が中心となります。

手足口病

ウイルスが原因の感染症で、手や足に発疹、口内炎もできます。ほとんど熱は出ませんが、発熱を伴う型が流行する年もあります。1週間程度でほぼ完治しますが、感染力が強いので注意が必要です。治療法は、安静と対症療法。口内炎を伴うので、食事がしづらくなります。食べやすいメニューを工夫してあげてください。

ウイルス性胃腸炎

代表的なものは、ロタウイルスとノロウイルスです。どちらも1〜2日の潜伏期間を経て発症します。激しい下痢と嘔吐(おうと)が主な症状ですが、ロタウイルスの場合は便が白く濁るのが特徴です。嘔吐と下痢で脱水症状を起こしがちになりますので水分の補給が欠かせませんが、胃腸が弱っている状態を踏まえ、一度に大量の水分を与えすぎないよう注意してください。

また、便や吐瀉物(としゃぶつ)を媒介として感染が拡がる可能性が高いので、処理における衛生管理と事後の入念な手洗いが重要。手洗いについては、家族みんながしっかりと行うようふだんから習慣づけておきましょう。ノロウイルスは二枚貝に潜んでいることが多いので、カキなどを子どもに与える場合、充分加熱することが望ましいです。

RSウイルス感染症

乳幼児は特に注意!風邪と同じ症状ですが、小さい子は重い肺炎の原因になりやすいです。

4~5日の潜伏期間のあと、38~39度の発熱や鼻水、せきなど普通のかぜの症状が出ます。
ただ、症状が悪化すると肺炎や細気管支炎など重症化しやすいので注意が必要です。

はじめてRSウィルスに感染した乳幼児の3人~4人に一人が細気管支炎・肺炎になりかけ、100人に1人くらい の割合で入院が呼吸困難などで入院しています。入院が必要になる子どもの多くは、生後半年未満の赤ちゃんです。

38度以上の熱がある。
呼吸が苦しそう。呼吸が浅い。
ゼイゼイ、ヒューヒューと息が荒い。
発病後、数時間で急激にぐったりする。
赤ちゃんにこのような様子が見られたら、できるだけ早く受診してください。

治療法
ほぼ100%の子どもが、2歳までに1度はRSウィルスに感染すると言われているほど、感染力が強いです。

ただ、RSウィルスに直接効くお薬はないので、熱やセキなどの症状を和らげる治療をして、病気が治るのを待ちます。 通常は、数日~1週間で治ります。

いつ!?どんな病気にかかる!?子どもに多い病気の年間カレンダー

春(4月~5月)

冬の感染症が収束する時期で、春から流行する病気は少ないですが、入園や進級などの生活の変化で、お子さんたちは体調を崩しがちな季節です。鼻水や発熱などの初期症状を見逃さないようにしましょう。

夏(6月~8月)

夏には手足口病やヘルパンギーナ、プール熱、アデノウイルスなど、いわゆる夏風邪が流行します。熱症状以外に、発疹や口内炎を伴う病気が多いので、全身の観察に心がけましょう。

秋(9月~11月)

季節の変化に反応して気管支ぜんそくが悪化しやすい時期です。また、冬に向けてRSウイルス感染症やノロウイルスが発症し始めます。感染予防に努めましょう。

冬(12月~3月ごろ)

インフルエンザやRSウイルス感染症が流行します。

また毎年、秋口から冬にかけてはノロウイルス感染症、冬から春にかけてはロタウイルス感染症がまるでリレーするかのように流行します。便や嘔吐物からの感染や、接触感染、飛沫感染をしますが、突然の吐き気がしたら感染を疑ってください。

ノロウイルスは吐き気・嘔吐・下痢が主な症状です。嘔吐の回数は1日10回以上となる場合もあります。ロタウイルスは嘔吐・下痢・発熱が主な症状で酸味の発酵臭がある白色水様便が出たり、38度以上の発熱が続きます。非常に感染力が強いので、きちんと手洗いし、便・おむつ・嘔吐物を適切に処理し、汚染された服や床などを塩素系薬剤で消毒します。

ノロウイルスやロタウイルスは、アルコールやエタノールで殺菌できません。薬局やインターネットで購入できる「次亜塩素酸ナトリウム」を含む塩素系漂白剤による消毒が効果的です。作り方は難しくありません。

特に気をつけたい感染症は
特に注意が必要なのはRSウイルス感染症です。飛沫感染、接触感染で発症します。風邪に似た症状で大人に感染しても軽い症状で済みますが、1歳未満の乳児に感染すると、重篤化する危険性もあります。そのため乳児以外の子どもや大人が感染した場合は、乳児にうつさないことが重要です。

また、溶連菌感染症にも注意が必要です。症状は、のどの痛みや嘔吐、舌の発疹です。発疹はイチゴのように赤くブツブツができます(イチゴ舌)。抗生物質の投与で治りますが、ぶり返すことのある感染症です。治ったと思っても腎臓病や心臓病など合併症のリスクがあるので、処方された薬を飲みきるとともに、最後に検査を受けて完治したことを確認してください。

流行シーズンに差し掛かったら、徹底した予防対策が肝心です。